カンボジア情報

裁判官に注意されて、姑息にもこっそりと訴えの一部を取り下げていた焼肉六甲灘本明雄

カンボジア日本人犯罪組織「対策本部」の設立者 焼肉六甲灘本明雄が11月にカンボジアに来ていた、ゴルフ場で見かけた情報が日本人から入ってきました。

情報の真偽はともかく、それは奴の自由なので良いとして、これは少しブログに書いておくべきかと!

カンボジアで日本人犯罪組織『対策本部』設立者の焼肉六甲灘本明雄と裁判も結審して判決を2022年1月に待つこととなりました。

いかなる判決が出るか分かりませんが、

えっ?!業務妨害、殺害予告など犯罪者ではないですか???と疑問に感じられる方がほとんどだと思います。

焼肉六甲灘本明雄との裁判は名誉毀損裁判です。事実関係は立証されても評価はどうなるかが分からない判決が予測し難い裁判です。

焼肉六甲灘本の犯罪事実のでっち上げ、捏造は、訴訟期間3年をかけて完全に徹底的に明らかにしました。

判決はいかにあれ、判決文は公開しますので焼肉六甲灘本の病気的な嘘つきぶりは世間に周知できるでしょう。

その中でこれだけは公開しておかなければならないことがあります。

『(ブログ筆者は)息を吐くように嘘を付く』(焼肉六甲灘本明雄)

もう5年以上も焼肉六甲灘本明雄が主張し続けてきたことですが、裁判所から

『嘘を(息を吐くように)ついているのは灘本さんでしょう。訴えを取り下げるべきでは!』

焼肉六甲灘本明雄はこっそり取り下げていましたwwwwwwwwww

こういう男ですわ灘本は(笑)親にどんな育て方されてきたのか聞きたいね。

何ていうのかな、陰湿で粘着性があって平気で嘘を吐ける人種ですね。

本当に日本人?

裁判でも明らかになりましたが、焼肉六甲灘本は日本人の私のことを執拗に「半島人」と虚偽情報を流布していました。でもやり方から見て、日本の迷惑な隣国半島国家の捏造で騒ぎ出すところなど似たような振る舞いは焼肉六甲灘本さんでの方ではないですか?

ひょっとして半島の血が流れているのはどちらさんでしょうね???

焼肉六甲灘本の捏造癖も証拠で真実性を立証しました。

「第3者のふりをしてコメント」(焼肉六甲灘本明雄)

なりすましって、はっきり言って気持ち悪い50代おっさんです。

慰安婦捏造事件、徴用工捏造事件で日本国、日本人を攻撃してくる半島国家の血が本当に流れていませんか?笑 そっくりですよ。

私に限らず、色んな所で匂いがしてきそうですね。

さて重要なことは、

「息を吐くように嘘をついていたのは焼肉六甲灘本の方」

が判決を待たずして明らかになりました。

この投稿を嘘と分かりつつ、5年間もFacebookグループ「あおぞら会」で故意に放置している同犯罪組織構成員 詐欺師後藤良一を管理人責任者として神戸地裁に損害賠償請求を起こしました。賠償金額は1200万円。

同時に今年8月に虚偽投稿を煽って、被害者からの削除申請を無視したために賠償請求訴訟を起こされています。こちらも賠償金額は1200万円

いつもの調子に乗って悪さやってツケが返ってきた。相変わらずバカな慶応大学中退詐称の男です。

後藤良一の弁護代理人は先月、

この除名されるべき弁護士 稲垣仁史と山本律宗です。

ところで後藤から訴訟費用ってもらっていますか?不思議?職業不定の人物でコロナ渦で何やって生計立てているか分からない後藤からね。。。

なんかジンバブエの日本大使館職員と人脈ができたと言って就活もしていた後藤良一。

誰ですか?ジンバブエ日本大使館職員って(笑)

最後に判決はどうなるか分かりません。

名誉毀損裁判ですからね。

争点は私の告発、公開に公益性があったか、否かではないでしょうか?

焼肉六甲灘本の嘘はすべて法廷の場で真実性の立証をして論破しましたからね。

裁判官の判断で私の証人尋問の必要も無かったことでも明らかです。

以上、訴訟経過です。

読者の皆さん、いつも応援ありがとうございます。

焼肉六甲灘本の店の和牛偽装事件の記事です。↓

和牛も「なりすまし」ですか?笑

冒頭の画像、私の家族への殺害予告については、3年も訴訟期間がありましたが審議できずでした。「どちらにしても控訴するんでしょ?」と裁判官は私、焼肉六甲側にも笑って言っていました。勝っても負けても第2Rで明らかにすれば良いでしょう。

 

ここらで今日のところは。。。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。