事件、訴訟経過

自称元名古屋市長 南春佑 自称元内閣官房長官秘書 後藤良一 裁判敗訴していますよ。虚偽でなく事実を発信しましょう。

 

最近相手にしていなければ詐欺師の地がまた出てきたようです。

客観的事実だけ公表しておきます。

カンボジア日本人犯罪組織「対策本部」(設立者 焼肉六甲灘本明雄)が運営するFacebookグループで事実と異なることを発信しているようですので正しておきます。

レンガ工場出資詐欺事件、日本郵政土地詐欺事件関与、自称元内閣官房長官秘書、神戸地裁で慶応大学法学部中退の学歴詐称発覚(神奈川県立大清水高校卒)の後藤良一で発信していることですが、ブログ筆者が南春佑への神戸地裁→大阪高等裁判所→最高裁(南春佑がブログ筆者をカンボジアで約5300万円という法外な訴訟を起こした事件です。一審二審とも棄却)に対しての不当告訴の訴えは、棄却になっています。

しかし判決理由は南春佑の不当告訴でも告訴をする権利はある、事実を間違った告訴であるけれども許すべきだという理由で訴えが棄却された、損害賠償責任が認められなかっただけです。

全面的に南春佑が正当と認められた判決ではありません。

後藤良一がネットで書き込んでいる判決理由ではありません。

残念な結果ですが判断基準は裁判所ですから従うしかありません。

ただし、南春佑の数々の虚偽証言はその後の裁判で役に立っています。

南春佑がカンボジアで賄賂を渡した事実は証人尋問調書にまで記録されています。(尼崎)

これではカンボジアには二度と戻れません。自業自得です。

詐欺師後藤良一と南春佑は事実を歪めて発信しています。

ブログ筆者はそもそも南春佑に対してプライバシー訴訟を起こしていません。

南春佑被害者の会が訴訟を起こして、被害者の会は神戸地裁尼崎支部にて勝訴しています。

愚かな自称元名古屋市長の南春佑、日本語も読めなくなったか?それとも都合が悪くなったら証人尋問の時のように嘘しか言えなくなるのか。

判決文をひと目見れば、南春佑が敗訴したことが明らかです。

そして神戸地裁と尼崎支部での訴訟は内容が違います。

両訴訟の内容を混ぜて論じるのは事実を歪曲しています。

そもそも原告が違います。

南春佑も後藤良一もあなた達が依頼している出来の悪いだらしがない稲垣仁史弁護士に相談して投稿しているのですか?現在、横浜、半田市で係争中ですよ。理解していますか?

事実と異なる、歪曲して発信していたら加害行為が延長しているとブログ筆者は受け取っています。

そんなことをする暇があれば、南春佑、後藤良一両名がブログ筆者を訴えている裁判が提訴して1年間進んでいませんよ。SNSでいきがるより、法廷の場で証言すべきでしょう。

次回公判で後藤良一に求釈明請求をしています。

経歴の元内閣官房長官をブログ筆者が虚偽だ詐欺だとブログに書いたことは名誉毀損の争点から外しているけど、認めるのですか?きちんと逃げずに答えて下さい。

訴訟を起こしたのだから、説明してからにするべき!この回答に関してはネットで張り出しますので期待して下さい。

この方、神戸地裁で訴訟提起理由が全て虚偽であった、裁判所で息を吐くように嘘をついていたことが発覚して、裁判官に「名誉毀損成り立つのですか???」とまで言われている人です。

こちらも裁判始まって3年目に突入です。

SNS上でいきがるより、訴訟をきっちりやって下さい。

上記犯罪組織3名、裁判進行中に事実を曲げて発信するなど、どうかしているとしか思えない。

しかし、いつも証拠を提供してくれるから、ブログ筆者たちはそれを裁判所に提出するだけです。

訴訟始まっているのだから大人しくしていれば良いのにと思うのですが、ネットで書き込むしか、それしかないんでしょう。惨めな人たち。人生うまく行っていないのがバレバレ。

その他、裁判も日本、カンボジアとも勝訴、私達が落としたのは一訴訟しかありません。全て勝っていますこと事実として公表致します。

 

読者の皆さん、いつも応援ありがとうございます。

裁判の結果は分かりませんが、カンボジアに戻れない時点で終わっているでしょう。笑

上記2通は後藤良一が詐欺を認めて和解して出資金を返還した証拠です。横浜地裁で提出しています。

後藤良一が裁判で「レンガ工場出資詐欺事件は存在しない」と主張して裁判していますが、被害者との和解書ありますよ。笑 サインと指紋押して何言っているんだろう。

 

 

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    久々の投稿ですね。最近はYouTubeでカンボジア情報発信でお忙しい様子で有意義ですが犯罪者らの告発も手を緩めずに続けて下さい。
    いつもの詐欺師、焼肉屋、元名古屋市長の爺さんの打ち合わせ有りの劇場型投稿が再開したようですが、再開の理由はプライバシーや名誉毀損で訴えられて負けても損害賠償金額が小さいことが分かったから気が大きくなったからでしょう。そんなことよりも闘争の勝敗は焼肉屋以外はカンボジアでしか生計が成り立たないのにカンボジアに入国できそうにない時点で勝負は決していると思います。片や40階の高層コンドミニアム建設の事業家、片や住所不定職業不詳のFBのカンボジアコミュニティ-の管理者では社会的信用も話になりません。コロナ渦で生活苦で腹いせに書き込んだとしか見えません。せめて職業くらい名乗ってから批判投稿することを勧めます。
    事実を歪曲した投稿と書かれていますが、今までの記事からすると訴訟は4勝か5勝1敗で谷さん優勢のはずです。たった1勝で騒ぎ出すのだから予想外の勝利だったとも受け取れます。詐欺師が言う通り日本の法廷では証拠が重視されますから賄賂まで渡していたとなるとカンボジアの実刑判決もひっくり返るとは思えません。局地戦で一勝くらいしても大局では完敗ではないですか。今後の成り行きは楽しませてもらいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。