カンボジア情報

カンボジアに本当に会社ありますか?検索ウェブで調べることができます!

カンボジアのデジタル化が進んでいることが分かる一面です。

カンボジアに登記された法人が商業省のウェブサイトから無料で検索できます。

無料とはうれしいです。

商業省ウェブサイトBUSINESS REGISTRATIONからONLINE SERVICESをクリックしてSearch Entityをクリックすると

ここに社名をアルファベットで入力しますと検索結果が表示されます。

ブログ筆者の会社を検索した結果です。下記に表示されました。ここをクリックしますと会社設立時期、住所、代表者名。。。を知ることができます。

フルネームでなくても検索結果には出てきます。

良識ある日系企業、日本人、投資家には非常に便利かつ有益なシステムです。

良識ある日系企業、日本人、投資家と書きましたが、カンボジアには不審な、本当に会社が存在するのか?実態無きHPや名刺だけのブローカーや詐欺師みたいな日本人が多過ぎます。当然会社登記だけでなく会社の中身実態はより調査しなければなりませんが、不審な日本人はこの検索ウェブで入口で排除できると思います。

特に不動産取引は大きな金額が動きますので、実態のない社歴をHPでうっかり信じて事故事件になる可能性が高い、事故事件になれば回収はほぼ不可能だからです。

 

今回ですが、この検索ウェブを紹介のyoutube製作時に驚く発見をしました。

検索ウェブサイトでカンボジア在住の有名な日本人の会社を検索しますと、日本語の会社情報HPと登記検索ウェッブにある登記情報と異なっている、登記されていない会社が紹介されている等が判明しました。

この件に関して事情があるのか否かの詳細は興味がありませんのでここまでですが、在住日本人にはよく知られたことらしいです。ブログ筆者が在住日本人と付き合いがありませんので知らなかったようです。

日本で事業を真っ当に営んできたブログ筆者や多くの良識ある日本人や日系企業から見ればレベルが低過ぎます。

信用がないから信用を積み重ねて作り上げるのでなく、着色しようと言いますか、実態より大きく見せようとしているのでしょう。ブログ筆者にはこのレベルの人物の頭の中、ビジネススタイルは全く理解不能です。多くの良識ある実績のある日本人は同様だと思います。

しかし、ブログ筆者のカンボジアの経験ですが「ライセンスありますか?」と質問して「ライセンス有無は教えることができません。」という日系企業もあるくらいですから、現在の在住日本人のレベルを象徴しているのかもしれません。日本を代表するような会社がこれではね。。。関わりがなくても日本人として恥ずかしいですね。

会社登記検索ウェブを有意義に利用して下さい。

読者の皆さん、いつも応援ありがとうございます。

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. TETSU より:

    逆のパターンもありますね。
    料理屋に多いですが、実は本当のオーナーは別人だった、みたいなことも、このサイトでわかります。
    金持ってる人がスポンサーになって料理人に店を出させるのは日本でもよくある事ではありますし、別に犯罪でもなんでもないですが。
    ただそういうのがすぐに分かるのがこのサイトの面白いところです。

  2. 日本人の良心 より:

    http://www.locomo.com/company.html

    ここのことだな。

    日本人会会長だね。ひどい話だ。

    • 匿名 より:

      カンボジア日本人会会長の会社はありますが、代表者の名前が違いますね。日本人会のウェブでも同社社長となっています。日本人代表して曖昧なことはしない方がいいでしょう。

  3. 匿名 より:

    カンボジア日本人会会長小市琢磨氏の会社は LOCOMO Co., Ltd.です。カンボジア法人であるなら紹介されている検索サイトには同社名は出てきません。
    LOCOMO GROUP Co.,LTDと検索はされますが、代表者は小市琢磨氏の名前ではありません。
    LOCOMO Co., Ltd.の会社概要にあるカンボジアの関連会社は一社も検索サイトから出てきません。

    会社概要の記載で気になったところがあります。
    みずほコーポレート銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行が取引先とあります。本当でしょうか?取引銀行と記載なら納得できます。誇張表現、虚偽記載の疑いはあります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。